新車についてよくある質問

シンガポールでお客様に対応する並行輸入業者として、お客様が最初のお車を購入されるときに抱く興奮と不安を弊社はよく理解しています。長年にわたって、弊社はお客様が気に入られた新車の購入と選択をご提案する際に、様々なケースに遭遇してきました。そのため、お客様の経験に役立つように、これら頻繁にいただく質問のいくつかをまとめました。

御社に欲しい車がないときは?

お客様が希望する車を弊社がストックしていない場合、通常これに対応するには2つの方法があります。

1.お客様が希望する車をディーラー協力会社ネットワーク内の他の会社が保持しているかを検索し、 共同仲介などを進めます。
2.お待ちいただける場合は、弊社はその車を輸入するために自社のサプライヤーに注文することができます。ただし、通常このプロセスには3~6カ月かかります。

車を試乗できますか?大半のPIは試乗ができないと聞いています。

はい、VAuGでは試乗が可能です。

しかし、試乗のために主要道に車でお客様が乗り出すことはできません。それには保険と責任問題が発生するからです。(技術的に、お客様が全責任を負う賠償契約に署名される場合は、許可いたします。しかし弊社はお客様がそのような立場になることを望みません。)
弊社の試乗は主として、弊社の施設内で行われ、大半のお客様はその車の好き嫌いを決定するために、十分な感覚を掴むことができます。

ローンを組むことは義務ですか?最小融資額はいくらですか?

いいえ、義務ではありません。しかし、弊社の宣伝価格は融資割引後の価格であることを、お客様には知っていただきたいと思います。その価格は、お客様が最大可能融資(60%または70%、7年間)を使用する場合にのみ適用されます。

そのため、お客様が全額を現金で支払うことを選択される場合は、融資割引を除外した「定価」に戻す必要があります。

支払い手続きは、どのようなものですか?手付金、差額支払い、その他について

弊社は通常、保証付COEパッケージでは最初に15,000ドルの手付金をいただき、そのうち10,000ドルはCOEの入札用、残りの5,000ドルは、皆様のご希望の車を予約する手付金となります。

残額支払い(販売価格 – 手付金 – 融資額(該当する場合) + 1回目の分割払い(該当する場合) + 保険料)はお車を登録する前に支払い可能で、登録はVACの準備が完了し、お客様のためにCOEを保証したタイミングで行われます。一旦差額支払いの受領を確認しますと、お車の登録を進め、お車の受け渡しは一週間以内に行われます。

下取りはしていますか?それはどのようになりますか?

はい、実施しております!

以下の要領で見積もりを要求することができます
1) 「中古車」 > 「自分の車を販売」に進んでください。
2) そのページの一番下に行って「下取り価格」のボタンをクリックします。
下取り価格を皆様の新車の残高支払いを相殺するために使うことができます(以前の車についての未払い額よりも低額)。

VITASとVAC-ready車とは何ですか?

VITAS(乗り物検査とタイプの認定システム)は新車登録を取り扱うLTAシステムです。

車が輸入されるとLTAに通知が必要となり、LTAはシンガポールの道路での仕様に適した車であることを保証するために書類と事務手続きについて確認します。このプロセスは、順番待ちの車の数、およびその車のメーカー/車種によって1~2週間から1~2カ月かかることがあります。その間に、車自体はショールーム/保管場所にありますが、登録は許可されません。VITASの最後のステージでは、LTAはディーラーに車を検査のために送ることを要請します。その後、通常は一週間以内にVAC(Vitasの承認コード)がディーラーにリリースされます。

お客様がすでにCOEをVACと共に確保している場合、その車はすぐに公式登録が行えます。そのため、VACの準備のできた車は「準備終了ストック」としても知られています。お客様がすでにCOEを確保されている場合は、いつでも登録可能なためです。

保証付と保証なしのCOEパッケージの違いは何ですか?

すべての新車は登録前にCOE(車両所有権)が必要です。COEは全オークションと同様に入札が必要で、最終価格がいくらになるかは誰にも分かりません。

通常カーディーラーは車をCOE込みで販売しますので、保証付COEと言われます。しかし、一部のディーラーでは保証なしのCOE込みのパッケージがあり、通常は安価で提供されています。それは保証がないからであり、入札の選択番号の最後に、お客様COEを保証しないことが記されています。本質的に、COE価値が下がりますので、これはギャンプルです(ですから価格が安いのです)。

並行輸入車の保証はどうなりますか?

車が公式の販売経路を介して輸入されないため、地域の認定代理店はその車に対して保証を提供しません。そのため、お客様に車の保証を提供するのは並行輸入業者の義務です。

VAuGでは、自社の整備工場を所有していますので、お客様に販売する並行輸入した車に保証を提供することができます(3年、または100,000 kmのどちらか早いほう)。しかし、保証を有効にするためには、お客様は保証期間中にお車のサービス/メンテナンス/修理を弊社で実施することが求められます。

並行輸入業者とは何で、それらは認定代理店とどのように異なりますか?

並行輸入業者は原産国(例:日本、英国、香港、その他)から直接車を輸入するカーディーラーで、その車を地域の市場に再販します。並行輸入業者と呼ばれる理由は、車が認定代理店の販売経路に並行した経路で輸入されるからです。

大半の場合、並行輸入業者が輸入する車のメーカー/車種に制限はありません(LTAの規格に合格する限りとされています)。そのため、本質的に並行輸入業者は消費者に認定代理店の製品群よりももっと多くの選択肢を提供できることになります。